お施主様の声「ブログ」

HOME» お施主様の声「ブログ」 »長期優良住宅を採用するかどうか・・・

お施主様の声「ブログ」

長期優良住宅を採用するかどうか・・・

こんにちは、ゴリさんの嫁です(^-^)

早いものでもう3月なんですね!
日もだいぶのびて、春の兆しを実感します。


暖かくなってきたし、子供達もそろそろヨチヨチ歩きが出来るようになってきたので、

動物園・遊園地に行ってきました。
我が家は双子なので夫婦で両方共1人ずつ

ヨチヨチを追いかけるようになってしまいます(^_^;)
そうすると荷物を載せたベビーカーは邪魔になってしまうので、


自分のオムツくらい自分で持て!


と、お揃いのリュックも背負わせます(笑)
ああ、早くオムツも離乳食も卒業して手ぶらでお出かけしたい!

こんにちは、ゴリさんの嫁です(^-^)

早いものでもう3月なんですね!
日もだいぶのびて、春の兆しを実感します。


暖かくなってきたし、子供達もそろそろヨチヨチ歩きが出来るようになってきたので、

動物園・遊園地に行ってきました。
我が家は双子なので夫婦で両方共1人ずつ

ヨチヨチを追いかけるようになってしまいます(^_^;)
そうすると荷物を載せたベビーカーは邪魔になってしまうので、


自分のオムツくらい自分で持て!


と、お揃いのリュックも背負わせます(笑)
ああ、早くオムツも離乳食も卒業して手ぶらでお出かけしたい!

前回の続きです。

住宅性能表示制度とは、住宅の性能を法律に基づいた一律の基準・評価で表示するものです。

よく耐震等級3とか、耐火等級4とかいう、あれです。
様々な工法で建てられた物件も横並びに比較することができるようになり、

専門知識が無くても比較・検討しやすくなります。

具体的には、

①構造の安定
②火災時の安全
③劣化の軽減
④維持管理、更新への配慮
⑤温熱環境
⑥空気環境
⑦光、視環境
⑧音環境
⑨高齢者等への配慮
⑩防犯対策

以上の10分野32項目について1~3までの点数で評価されます。

この住宅性能評価書がつけられた物件には、以下のようなメリットがあります。

・住まいの性能が等級や数値で表示されているので専門家でなくてもわかりやすい
・国土交通大臣の認定を受けた第三者機関の評価員が公平に性能を

チェックしてくれているから安心
・万一のトラブルにも専門機関(国土交通大臣が指定する「指定住宅紛争処理機関」)が

対応してくれる (「設計」・「建築」、両評価書を取得している場合)
・住宅ローンの優遇や保険料の割引がある場合も!(フラット35でも適用可能!)
・資産価値が維持しやすいので、査定に有利で中古売却がしやすい

いいとこ尽くめのようなこの制度ですが、我が家では評価書はつけませんでした。


なぜかと言うと…


・評価書を付けるにもお金がかかる

・都会でもないので中古で家を売却する予定はない

・維持管理は評価をつけても結局お金をかけてやらなくてはならないものなので

 割り切っていいのでは

・構造、環境についてはパステルホームの標準仕様で十分&最高レベルである

・まだ高齢への配慮は先でいいのでは…

以上の理由でした。

パステルホームの担当の方にも丁寧に説明していただきました。

住宅ローンの優遇を受けたい方、都会に新築される方で中古で売却する可能性のある方、

住まいの性能を一律に評価したいという方などには便利な制度です。

この制度の細かい内容はとても複雑ですが、自分の家で何を重視するか、譲れない性能は

あるかなどをまとめると、必要なもの、不必要なものがみえてきました。

以上が住宅性能評価制度について私たちが勉強したことでした。

今回は少し硬い内容でしたので、次回は元に戻って内装の話をしようと思います(^_^)

2018/03/09