一級建築士の住まいづくりブログ

HOME» 一級建築士の住まいづくりブログ »番外編:保育園の設計

一級建築士の住まいづくりブログ

番外編:保育園の設計

こんにちは!
パステルホームの神場です。
日頃より私の文章力のないブログを読んで頂きありがとうございます。
このブログではいつも皆様のお住まいづくりにお役立ちする情報を書くように努力していますが… 
 
今回は勝手に番外編とさせて頂きますΣ('◉⌓◉’)
 
それは何故か……
 
ついに待ちに待った建築士の免許証が届いたからです!
これで正真正銘、一級建築士となりました。
 
その為皆様は一切興味がないと考えますが、勝手に試験を振り返る自己満足のブログ記事とさせて頂きます。
 
それでは↓↓↓
 
私は今回の一級建築士2次試験を3回受けました。(3回が上限ですorz)
試験は毎年設計テーマを与えられて試験時間内にプランから作図をする内容となります。
 
私が特に印象に残っている設計テーマは、二年目に挑んだ「子育て支援センター・保育所・児童館」です。
ちなみに印象に残ってるだけで、試験は不合格でしたorz
こちらのテーマの時には高崎市で2ヶ所、藤岡市でも2ヶ所の児童館と保育園を見学しました。特に高崎市倉賀野町にある児童館の方にはとても親切にして頂きました。
ありがとうございます^_^
 
また藤岡市の保育園を見学に行った時に知ったのは…
「今って全館空調じゃないんだ…」ということと、「大きい建物でもパッシブデザインを取り入れてる…」ということ事でした。
藤岡市の保育園は面積的に大きく、私が見学に行った時も使っている部屋と使っていない部屋があり、使っている部屋だけ普通のエアコンで暖房していました。
確かに使っていない部屋を暖房するのはもったいないですよね!
また、夏にエアコンに頼るばかりでなく、快適に過ごせるように「日射遮蔽」「自然通風」などのパッシブデザインを取り入れていました。
大人も子供も風を感じて涼しいというのは気持ちがいいですよね?
 
ここでいきなり住宅の話に戻ると、近年ZEH仕様の住宅が話題になり、太陽光発電を搭載する事でどんな性能の家でもある程度エネルギーを削減出来るようになりましたが…
本来は上記のようなエネルギーを削減する工夫をしてから太陽光を載せるべきではと個人的には考えます。
 
ちなみに、この年の試験問題では、空調負荷低減対策として弊社でも行っている「地中熱利用換気」が出題されました!
勿論わたしは正解したと思いますが………汗
さらに次の年も地中熱利用が出題されました!
 
やはり建築業界的にも「地中熱利用」は注目されていますので、弊社展示場で仕組みをご覧くださいませm(__)m
 
最後に私はこれからも建築士として皆様に良いマイホームプランをご提案出来る様、努力を重ねてゆきます。
マイホーム計画のご相談は私にお任せ下さい!
本日は以上です!
2018/02/26