お施主様の声「ブログ」

HOME» お施主様の声「ブログ」 »玄関扉の選定

お施主様の声「ブログ」

玄関扉の選定

こんにちは!ゴリさんの嫁です。

前回、前々回と家の事から脱線気味だったので今回は気をとりなおして、

ドアの選択のお話です。
ドアのメーカーはLIXILとYKKが選択できました。
断熱性や日射熱による反り防止、防火性など、各社特徴はありますが、

やはりデザインで選ぶ事が多いようです。

我が家もやはり家の顔なので見た目重視で選びました(^-^)

後は鍵のかけ方でしょうか。

今は玄関もスマートキーなんですね。

つい2年程前に住んでいたアパートは未だにシリンダー錠でしたが(^_^;)
スマートキーは車のもそうですが、キーホルダーなどがつけにくい!

革の鍵ホルダーにも入らない!
皆さんは車と玄関のスマートキーをどうやって持ち運んでいますか?
そのまま鞄に入れてますか?
私は小さなポーチにスマートキーを2つ入れて持ち運んでますが、かさばります。

そしてポーチに入れないと無くしそうです(>_<)

そういえば、無くし物名人のうちのゴリさんは

不思議とそのまま持ってても無くしてません。なぜなんでしょうか?

今度聞くことにします。

また脱線してしまいました、ドアの話です。
我が家のテーマは文字にするとかなり恥ずかしいですが


木のぬくもり(っぽい感じ)


です。
生成りの革の財布を大事に使ってエイジングを楽しむように、

内装も出来るだけ無垢の木の材料を使って、味が出るのを楽しみたい!
というのがゴリさんとの共通のテーマでした。
もちろん予算の都合がありますので、諦めた物もたくさんあります。

『出来るだけ』というのがミソです(^_^;)
外壁も一部木目調のボードを採用したので、

玄関ドアも出来るだけ木の感じのデザインを選びました。

カタログでは少し色合いが重たいかな?と思いましたが、

実際施工してみるとそれほど違和感はなかったので良しとします。

ところで皆さんは住宅性能表示制度や長期優良住宅認定制度という言葉を

耳にしたことがあるでしょうか?

ここ10年ほどの間に家を新築された方にはわりとなじみのある単語だと思います。

家を新築・増築する際に住宅性能表示制度や長期優良住宅認定制度を利用すると

住宅ローンの手数料や地震保険料が割引できたりします。

我が家は諸事情あってこれらを利用しませんでしたが…

次回は住宅性能表示制度・長期優良住宅認定制度について、

私たちが少し勉強したこと、なぜ利用しなかったか…等をお話しようかと思います。

 

2018/02/23