ブログ

HOME» ブログ »土地探しを失敗しない為に!!

ブログ

土地探しを失敗しない為に!!

こんにちは!

パステルホームの設計営業の神場です。

本日はタイトルにもありますように「土地探し」のことについて書いてみたいと思います。

まず、マイホーム計画を進めるにあたりほとんどの方が「土地探し」からスタートします。

土地探しはほとんどの方が経験したことのないことですし、「失敗」するとその後の「建物」の計画にも影響を及ぼしますので、慎重に進めないといけません。

その為これから土地探しの「失敗事例」を3つ程ご紹介させていただきますので、参考にしていただきたく考えております。


それでは・・・・・↓↓↓

 

ケース① 境界杭がなかった・・・
境界杭というのは下の写真のようなもので、自分の敷地の位置を示すものになります。これがないとお隣さんとの敷地の境がわかりません。建築工事をして「お隣さんとの境にフェンスをしよう」と計画しても、どこにつくったら良いか分かりません。まさかお隣さんの敷地内に自分の家のフェンスをつくる訳にいきませんので、この場合は追加費用をかけて測量(境界の確定)をする必要がございます。そして境界杭は「分譲地」の場合は整っているケースがほとんどですが、「田んぼを買って家を建てる・・・」といった場合には境界杭がない場合もございます。

ケース② 大きすぎる土地を購入した・・・
敷地が大きいことが決して悪いこととは考えません。仮に80坪の土地に延べ床面積40坪の建物を計画したとします。延べ床面積というのは2階建ての場合、1階と2階の面積を合計したものになります。その為敷地に対しては総2階建ての場合はざっくり20坪分しか使わない計画になりますので、おおよそ60坪ほど敷地が余ります。1坪は2帖ですので120帖の庭となります(20帖のLDKが6つ分)。駐車場1台が約8帖。4台駐車場をつくっても残り88帖ございます。この部分を使う用途が決まっているのであれば問題ないと考えますが、そうでないとすると・・・
購入資金も税金もかかりますのでどうなんでしょう?
土地を購入する前にマイホーム計画に適切な大きさか検討したほうが良いと考えます。

 

ケース③ 土地に予算をかけすぎて・・・
土地探しをされている方にお伺いしたいのですが、、、土地購入の予算ってどのように決めていますか?
マイホーム計画に関わる費用は、、、①土地購入費・②建物工事費・③諸経費となります。
そしてこの中で一番最初に動くのが「土地購入費」です。
マイホーム計画の総予算を引き算して考えると、、、
「希望総額-土地購入費=建築工事費・諸経費」となります。ここで土地購入費が思った以上にかかってしまう(引き算してしまう)と建物の費用が残りません!
そもそも「家づくりのための土地探し」が「土地探し」のみに意識がシフトしてしまって気づいた時には手遅れ・・・
となってしまう場合ございます。そうなると、建物にこだわりたかったのに夢も希望も実現できない家づくり・・・となってしまう場合がございます。その為弊社では土地探しをする前に「資金計画・適切な予算配分」をお勧めしております。

 

土地探しの失敗は本日ご紹介したもの以外にもたくさんございます。
弊社ではそういった「失敗事例」を集めた資料をご用意しておりますので、ぜひ展示場にご来場の際にスタッフまでお問い合わせください。

2017/09/25