お施主様の声「ブログ」

HOME» お施主様の声「ブログ」 »家を建てることになった経緯

お施主様の声「ブログ」

家を建てることになった経緯

こんにちは!はじめまして。
ゴリさんの嫁と申します。
2017年4月にパステルホームで家を新築しました。
これからこの場所をお借りして家を建てるまでの経緯、工事中の様子、住んでからの感想などを少しずつ、ざっくばらんに書いていこうと思います。

まずは自己紹介から。
ゴリさん(長男、のんびり屋、大黒柱)
ゴリさんの嫁(せっかち、育児休業中)
子供2人(1歳、男女の双子)
猫1匹(拾い猫、8歳、我が家の主)

毎日ドタバタしながら群馬県高崎市で暮らしております。

このブログは主に私(ゴリさんの嫁)が書きます。時々ゴリさんが書くかも知れません。
家を一番使うのは妻と言われていますが、このブログでは私(妻、嫁、母)の目からみた細々な事を書いていけたらと思います。
ちなみに私、建築関係の仕事をしており、そちらの面でも少し詳しく書けたらと思います。

それでは第1回目は、家を建てることになった経緯からお話しします。

2015年冬に妊娠がわかり、それが双子だと判明した時、私達は千葉県船橋市に住んでいました。
住んでいたのは2階建木造アパートの2階で、住み心地はまあまあでしたが他の住人の生活音がよく聞こえました(>_<)。それに夫婦でそれぞれ多趣味なのでとにかく荷物が多い!2LDKの1部屋はほとんど荷物でした。

高崎のゴリさんの実家に妊娠を報告したら、アパートじゃあ狭いし大変でしょと。こっちに家を建てればいいと仰せになりました。
まあゴリさんは長男だし、ゆくゆくは家を継ぐというプランは聞いていたので、あまり抵抗はなく、高崎に家を建てるという計画を始めました。

まず敷地ですが、ゴリさんの実家の隣(敷地内)に使っていない家屋があり、そちらを解体して建てればいいとのことで、すんなりと決定しました。

次に間取り会議です。
我が家の希望を箇条書きにして書き留めました。
・とにかく荷物が多いのでたくさん収納が欲しい
・猫がいる
・子供部屋は最低2部屋いる
・夫婦それぞれの書斎が欲しい
・スキップフロアにしたい
・畳コーナーが欲しい
・キッチンは広く使いやすく!

こんな感じで書いたメモを持って近場のスーモカウンターへ。
高崎の住宅建築会社を全く知らない我々。ハウスメーカーだけでもたくさんあるのに工務店まで考えたら絞りきれません。
スーモカウンターでは膨大な資料から条件に合った住宅建築会社を公平に紹介して貰えます。しかも無料!さすがリクルート!
希望に合いそうな会社を数社紹介していただきました。

次回は住宅建築会社見学からのお話です。見学し出すとまた新たな要望が出てくるんですよね・・・
ではまた次回!

2017/09/08