お施主様の声「ブログ」

HOME» お施主様の声「ブログ」 »庭の使い方

お施主様の声「ブログ」

庭の使い方

こんにちは、ゴリさんの嫁です!

今回は現在進行中の工事のお話をしようと思います。

次回は設備の話って言ったがな!と思った読者の方、今回はタイムリーなお話なのでご勘弁くださいm(_ _)m

 

我が家は、夫の実家の敷地内に家を建てたので、家の周りは以前からあるままの状態です。

疎らに芝生が生え、昔植えた植物が思い出したように花開き、茂っています。

敷地内の母屋の周りはきちんと通路があり、花壇があり、植木には毎年手入れをされています。

一応同じ敷地内にあるのだから母屋に合わせて外構をちゃんと整えようか。

ということで、外構業者を探すことになりました。

 

やはり、今回も知り合いに外構業者などおりませんので、ネットで検索して、良さそうな業者を選びました。

 

 我が家が外構で必要とするものは

 

・犬走り

・ポスト

・表札(番地入り)

・ウッドデッキ

  ・駐車スペースに最低限砂利は敷きたい

  ・子供たちが遊べるくらいの芝生のスペース

 

犬走りについては、家の基礎周りはまだ土で、高低差もあります。

それをキチンと均して固めるのが目的です。

 

今まで郵便は母屋のポストに一緒に届いて、お義父さんが仕分けて届けてくれていました(^_^;)

宅配便もやはり母屋に届いてしまい、後から取りに行くようになっていました。

そんな手間を掛けないよう、番地入りの表札、ポストは必須です。

 

ついでに表札を設置する為の壁を玄関ポーチにぴったりくっつけて設置すれば高いポーチからうっかり落ちずに済むかな?

ウッドデッキについては、我が家は基礎が高く、子供が落ちたら結構な怪我をする程の高さなので、足場の用途として必要と判断しました。

 

また、駐車スペースは現在疎らな芝生と土なので、雨が降ると水溜りで車の乗り降りが困難になってしまいます。

コンクリート敷きにしなくてもいいのでとりあえず砂利で水溜りを回避出たらいいかなと。

 

そしてやはり庭がある程度広いなら、夏場はビニールプールを出して遊びたいですよね!

砂利や土だとビニールが傷つくし汚れるので、安全面からも残りのスペースは芝生を植えようということになりました。

これらの希望を叶え、予算内でおさまるように材料を調整しました。

次回は玄関の顔である表札とポストのお話と、可能なら途中だった設備のお話の続きをしたいと思います。

2018/04/14